アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ旅行記を紹介中!ドバイ観光・ドバイお土産情報満載★
画像 320.jpg


2009年04月01日

ドバイ旅行★ドバイの交通&タクシー事情・・・

&今回は旅行者がドバイ滞在中に何かとお世話になる「タクシー事情」について
みかりの体験談等を含めてご紹介したいと思います。ぴかぴか(新しい)

ドバイは小さな国なので・・・海に行くにせよ砂漠に行くにせよ飛行機なんて
使う必要も無く「タクシー」さえあれば国中楽々で移動出来ます。車(セダン)

       (/*´∀`)o レッツゴー♪

ドバイの主要交通機関と言うと・・・「タクシー」の他に「市バス」「アブラ
水上バス」「2階建の観光シャトルバス」があります。2階建のバスについては
結構利用出来る・・・なんて話を聞いたけどお値段もそこそこするし、みかりのように
時間に追われている人には(笑)なかなか利用するチャンスはありません。ふらふら

「市バス」は料金も安くルートも色々あるようだけど・・・旅行者がバスを
利用するのは・・・正直ちょっぴり勇気もいるし時間もあてにならないし・・・たらーっ(汗)
市バスに乗って現地の雰囲気を生で感じる!」な〜んて目的でもない限り
短い旅行期間で利用するのは少々難しいですよね。あせあせ(飛び散る汗)

         (●´^`●) ん〜

「アブラ」「水上タクシー」についてはあくまで「クリーク(水路)」の移動なので
岸を渡ったり観光の一環として利用するには楽しいけれどホテルから
「ショッピングモール」までは連れて行ってくれません。(笑)もうやだ〜(悲しい顔)

そんな事で・・・観光客が利用する交通手段と言えば「タクシー」が一番!手(チョキ)
・・・となる訳です。タクシーは台数も多いしお値段がビックリするほど安い!
日本の何分の一?・・・って感じなのでお気軽に利用出来ると言う訳です。

        ワ―ヾ(●´∀`●)ノ―イッ

現在ドバイでは「メトロ(無人モノレール?)」計画が進行中で・・・2009年9月9日
オープンに向けて順調に工事中。「デザートサファリ」でみかり達が出合った
日本人もそんな関係者の人達だったけど・・・工事は順調みたいだし日本が
絡んでいるからな〜んか安心!(笑)今年の9月にオープンするのは一部の路線だけど
椰子の形をした人工島・・・「ザ・パーム・ジュメイラ」の先端までメトロで
行く事が出来るし主要道路「シェイクザイードロード」の脇を線路がはしって
いたようなので・・・観光客にはかなり使える交通手段になりそう。わーい(嬉しい顔)

       +..。゚+.(*´∀`).。o○(次回は絶対メトロ)

数年後には・・・UAEの首長国同士が鉄道で繋がるとか・・・メトロの路線も
複数出来らしいので・・・今のように「タクシー」を使う事が無くなるのかもしれない。むかっ(怒り)


画像 487.jpg

▲「アトランティス・ザ・パーム」のメトロ駅。もちろんまだ使用されていませんが
 すごく綺麗だしホテルの目の前にあったのでとっても便利になりそう。わーい(嬉しい顔)


しか〜し・・・「メトロ」が開通するのは今年の9月。それまで&しばらくは
やっぱり「タクシー」が観光客の足です!タクシーを上手に乗りこなせれば
ドバイの観光も楽々・充実。タクシーを上手に使えないとどこにも行けないし
利用する時間によっては貴重な「フリータイム」を無駄にしてしまう事も。がく〜(落胆した顔)

           (;´艸`)ぁぁぁ

・・・な〜んて偉そうに書いていますが(笑)みかり達もタクシーで「エェ〜」って
思った出来事がありました。値段も良くわからない事もあったし・・・。たらーっ(汗)

それでも精力的に行動をしまくったみかり達は「タクシー」を利用する事も多く
ホテルから乗る他にも・・・ショッピングモール・街中つかまえた事も何度か
ありました。そんな事で次回は「ドバイのタクシー体験」少々語ります。(笑)

▼ドバイの交通機関の詳細については「ドバイの歩き方」参照にして下さい!

http://www.arukikata.ae/content/view/55/519/


応援お願いします〜 ヾ(´∀`o)  banner_02.gif にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

posted by みかり at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ドバイ基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック