アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ旅行記を紹介中!ドバイ観光・ドバイお土産情報満載★
画像 320.jpg


2009年04月02日

ドバイ旅行★タクシー事情.2 ドキドキのタクシーエピソード



ドバイの最大手タクシー会社は「ドバイトランスポート社(Dubai Transport)」と
言って世界で初めて「全車GPS搭載」を実現したタクシー会社らしいです。ひらめき
街中を走るタクシーは・・・ほとんどこの会社。「ベージュ色」のいかにも「タクシー」と
言う感じの車体をしているので(笑)一目で「タクシー」だとわかります。ぴかぴか(新しい)
車は日本の「トヨタ車」が多いらしく・・・乗り心地は日本同様快適です。かわいい

        :*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:

10年前のドバイ旅行の時は・・・メーターが無いタクシーも多くついでに
「英語」をしゃべれないドライバーも多かったから値段交渉の時に
お値段が聞き取れずちょっぴり揉めたり・・・現地に着くまでドキドキ
だったりしたけれど・・・今回はみかりが乗ったタクシー100%メーター
きだったので安心してタクシーを利用する事が出来ました。ハートたち(複数ハート)

これはみかりの感想&現地ガイドのSさんも言っていた事ですが
タクシードライバーで「料金をボッタクル」人はあまりいないんじゃないかと
思います。これは10年前の時も感じたけど・・・日本のタクシーの方が
空いているのにわざと遠回り(苦笑)したりする人が多いような・・・。がく〜(落胆した顔)

        il||li(A´・ω・)

まっみかりには「ドバイ」の道がわからないんだから・・・余分に取られて
いるのかもしれないんだけど。(笑)でも運が良いのか・・・あまり不快な思いは
旅行中しませんでした。市内までのだいたいの金額は想像出来るし・・・。わーい(嬉しい顔)

ドバイのタクシーの初乗り料金は「3Dh100円弱と考えると激安ですね。グッド(上向き矢印)
みかりの事前リサーチではジュメイラビーチから街中までの料金は50Dh前後
これは「渋滞」に巻き込まれなかったらの料金であって15分程度で着く場所も
混雑する時間にタクシーに乗ってしまうと1時間掛かってしまう・・・な〜んて事は
ドバイではザラにあるんだとか。確かに10年前に比べて車の量が増えたしな。車(RV)

片側6車線位ある「シェイクザイードロード」恐らく旅行者はこの道を何度か通る
機会があると思うんだけど・・・。めちゃくちゃ道が広いのに渋滞で車だらけふらふら
まるで日本の「GW」か「お盆」の光景みたい。でも夜はライトが綺麗です。(笑)ぴかぴか(新しい)

       *・゚゚・*:.。..。.:*・゚(*´-`)゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*
 
お昼過ぎ・夕方17〜19時頃にタクシーを利用する事も多かった
みかり達も当然渋滞には巻き込まれた。1時間位タクシーに乗ってる事は
何度もあったけど・・・最高にお金を払っても(チップ込)80Dhだったので
そんなにタクシーの値段でビクビクする事はないと思う・・・。手(チョキ)

タクシーのドライバーは「インド系」「中近東諸国」の人が多かったですね。
今回は・・・程度はわからないけど全員「英語」を話せるようだった。ひらめき
ドバイトランスポート社のドライバーは皆英語が話せるらしい

        ゚+.(ノ*・ω・)ノ*.オォォ☆゚・:*☆

10年前は真夏だったので・・・茶色の麻のシャツとかラフは服装のドバイバーが
多かったけど今回は皆「制服」をビシッと着ていました・・・。タクシー事情も
10年前に比べたらかなり・かなり向上しているように感じました。グッド(上向き矢印) グッド(上向き矢印)


subpageheader1.jpg

ドバイトランスポート社のタクシー。街中で沢山見かけます。(画像お借りしました)


ドライバーには2パターンあって・・・ものすごくおしゃべりで観光ガイドの
ように色々な説明をしてくれる人と(笑)無口で最初から最後までひと言も話さない
人がいました。最初は英語で色々話しかけてくれた若いドライバーの兄ちゃんは・・・
みかり達があまり英語で会話を返さなかったらとたんに無口に・・・(苦笑)たらーっ(汗)

無口なドライバーはなぜか携帯で電話する人が多くて・・・会社に掛けるのかな?
お国の言葉を使うので当然理解は出来ないんだけど・・・そんな雰囲気。
でも相手は必ず女性なのでなんか途中で楽しそうに話し出す人が多かった。がく〜(落胆した顔)

客ほったらかしで・・・電話に夢中ってどうなの?と思わなくもないんだけどパンチ
渋滞はしてるしみかり達の英語が不自由だから仕方がないのかもね。(苦笑)たらーっ(汗)

          (´-ω-`;)ゞポリポリ

なんで女性と話しているってわかったの・・・?それは電話から声が漏れるから
良く聞こえるんですよ。これが・・・(笑)移動中はうたた寝をする事が多かった
友人に対し・・・どんな時も人物観察にも余念がないみかりです。(笑)手(チョキ)

タクシー料金についてはメーター制なので問題がないとしても・・・気になるのは
チップ」じゃないでしょうか。アメリカのように料金の10%とかは
払う必要が無く・・・端数を切り上げる程度で良いと聞いていたので
その通りにしていたみかり達。ただ時間が長かったり良い人には5Dh程度
渡していました。これが正しい金額かは微妙なんだけど・・・不服そうな人も
1人くらいはいましたよ。でも他の人はお釣りはもらう・・・って感じであっさり。あせあせ(飛び散る汗)

1度タクシーに乗ったときに「20Dh札」の支払いで「お釣りは無い!」と
言われたので・・・タクシーに乗るときは小さいお金を用意した方がいいかも。ひらめき

      +..。゚+.(*´∀`).。o○(スモールチェンジは必須!)
 
ちなみに・・・日本のタクシーのように「1800円です」なんて言ってくれる
ドライバーはいなかったので・・・料金は自分でメーターを見て支払いましょう。ぴかぴか(新しい)

ドバイの情報はコチラからもチェック♪ → 中東情報満載!



ガイドブック等や皆さんのブログでは・・・街中で「流しのタクシー」を
拾うのは至難の業。特に夕方のビジネスタイムは無理なので近くのホテルに
行くかその場で待っていて貰った方が無難・・・な〜んて事が書かれていますが
みかり達はラッキーな事に街中でも比較的楽にタクシーを拾う事が出来ましたわーい(嬉しい顔)

まぁ・・・・1度位は現地の人と取り合った事もあったけど・・(笑)がく〜(落胆した顔)

あまりにもタクシーが沢山走っているから日本の感覚で手を上げれば
簡単にタクシーが停まると思っていたみかり。でもドライバーからは・・・
この時間にタクシーなんて捕まえられないんだから君たちは本当にラッキーだよexclamation
と言われたので・・・流しのタクシーを捕まえるのは大変。みかりは幸運な女です。(笑)ぴかぴか(新しい)

     (●´艸`)。o*тнайк чоц*o。(´艸`○)
 
確かに混雑している時間は乗車拒否しているタクシーが多数ありました。
あまりに近場だと儲けがないからなのかな・・・。観光客の場合はある程度の
料金を払う移動になる事が多いので乗車拒否はされなかったですね。わーい(嬉しい顔)

またホテルからタクシーに乗る場合、いかにも「タクシー」な車では無くて・・・
白い車体の普通の車で移動する事が多かったです。これはホテルタクシー

ミナ・アッサラーム」の場合は90%「白いタクシー」でした。
ドアマンに順番に呼ばれるからコチラが「普通のタクシー」に乗りたくても
その車に乗るしかないんだけど・・・でも「ワゴン車キター」とか大きな車が
来るとちょっぴりドキドキしてしまった小心者のみかりです。(笑)あせあせ(飛び散る汗)

        工エエェェ(´д`)ェェエエ工

・・・でもキチンとメーターがついていて初乗りも3Dhだったので料金は
普通のタクシーと変わりませんでした。だから色々な車に乗れてラッキー
な〜んて話していたみかり達。ところが最終日・・・メーターのお金に5Dhの
チップを上乗せして支払ったら「この車は10Dhのサービス料が必要だ!
と言われ・・・5Dh追加してチップを10Dh払う事に・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

みかりの英語力が低いので・・・ワァ〜ワァ〜言われて車内でも「なんで?
どうして?」状態になって・・・理由はわからなかったんだけど多分
ホテルからのタクシーだったからなんだと思います。最後の日に・・・
現地ガイドのSさんに確認したけど「まぁ〜ホテルなら仕方ないでしょう」と
なんか納得出来ない回答。(笑)じゃぁ〜他の白いタクシーはどうだったのよ?どんっ(衝撃)

でも・・・不当な額を請求する事はないと思いますよ。」とSさん。

まぁ〜そうなんだけど・・・ チップ請求されたのはその1台だけだったので
なんだかちょっぴり納得のいかなかったみかりです。ひょっとして・・・
他のドライバーさんが良い人でみかり達は単にラッキーだったのかな?exclamation&question

       ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

この白いタクシーに関してはもう一つドキドキな体験が・・・(笑)
ドバイ最終日・・・みかり達は「アトランティスホテル」へ行きました。(別途詳細

行きのドライバーさんはお喋りで・・・現地ガイドのSさんよりよほど丁寧に
観光ガイドをしてくれるような人。(笑)「ミナアッサラーム」から
アトランティスホテル」まではチップ込で35Dhで行けました。車(セダン)

その後・・・まぁ〜色々あってみかり達の手元に残っているお金は50Dh程度
(実際は60Dh位あったかな?)自分達のホテルへ戻ろうとタクシー乗り場へ
歩いて行くと・・・「ドバイトランスポート社」のタクシーが沢山並んでいました。車(RV)

   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

早速乗り込もうとそちらに歩いて行くと・・・近くに立っていた男性が
タクシーに乗るの?」と声を掛けてきた。「そう」と答えると
なんだか高級そうな白い車を指差し、「タクシーならコレに乗れ」と指示。がく〜(落胆した顔)

・・・ドバイのショッピングモール等では「タクシー乗り場」にスタッフが
いるのでこの人もそうなのかな?でも少し先に大量のベージュのタクシーが
いるんだけど・・・。「ホントにタクシー?」と聞くと「そうだ」と言う男性。あせあせ(飛び散る汗)

同じタクシーだから問題無い」とあまりにも勧めるので・・・ホテルの
タクシーのように次の順番がこの「白いタクシー」だと思ったみかり達は・・・
多少の不安を残しつつ高級そうな「白いタクシー」に乗車。(笑)車(セダン)

ドライバーはインド系かな。なんだか無口でちょっぴり怖そう。がく〜(落胆した顔)
それに・・・他の人は白いタクシーを通り越して先のタクシー方面に
歩いていったような
気が・・・。(苦笑)たらーっ(汗)

      (;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ 

車の中に入ってみると・・・やっぱり普通の車とは少し違う感じでものすごく
広い肘あてが付いている。(笑)ヒジあてに人が座れそうなんですけど・・・たらーっ(汗)

みかりは人物観察が好きなので・・・結構「直感」は鋭い方じゃないかな・・・と
思う。今回も嫌な不安は見事に適中し・・・友人は気にもしてないけれど
この「白いタクシー」の初乗り料金が「8Dh」なのに気がついていない。(苦笑)もうやだ〜(悲しい顔)

ついでにメーターの上がるスピードも妙に速いような・・・。緊張でくつろぐ
どころかドキドキしっぱなし。行きで「35Dh」掛かったと言う事は・・・
このペースだと70Dhいっちゃう?・・・どうしよう。お金が無い。(笑)バッド(下向き矢印) バッド(下向き矢印)

      ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

友人は途中で降りれば?・・・な〜んて言うけどその後どうするんだよ。(苦笑)あせあせ(飛び散る汗)
最悪ホテルのエントランスでタクシーを待たせて友人をダッシュさせて
お部屋にお金を取りに行く?それともフロントで部屋付けでお金借りる?ふらふら
・・・みかりの頭の中はお金の事でグルグル回転。ものすごく頭使ったと思う。(笑)たらーっ(汗)

ホテルまでまだ半分位の距離がある場所で・・・とうとうメーターは
30Dhに届こうとしていた。しかも運が悪い事に道路まで混み出して・・・。(汗)がく〜(落胆した顔)

       ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

最悪だ〜・・・と思いながら「白いタクシー」に乗った事を後悔するみかり。バッド(下向き矢印)
なんであの時に無理やりにでも断って「ベージュのタクシー」に乗らなかった
のだろう・・・。そんな事を今さら言ってもしょうがないのんだけど・・・もうやだ〜(悲しい顔)

仕方がない。無口なドライバーに事情を話すしか手はなさそうだ。(笑)あせあせ(飛び散る汗)
その役目は当然みかりが担当するわけで・・・(苦笑)ドキドキしながら・・・

すみません・・・あの・・・私達50Dhしかお金を持っていないんですけどふらふら

話しかけられたドライバーは何かを考えているようでジッと固まり
なんだかさっきより更に雰囲気が無口な感じに見える・・・(苦笑)たらーっ(汗)

      (((((゚ω゚;)   (((((゚ω゚;)  
      
マディナ・ジュメイラまでだったよね?」「ハイ・・・

しばらく沈黙があったので・・・「金が無いならこんな車には乗るなっ!
な〜んて言われたらどうしよう〜と究極に緊張したみかり。(苦笑)たらーっ(汗)
ところがドライバーさんが返してくれた言葉は意外なもので・・・

マディナジュメイラまでだったらそんなにお金はかからないよ。
心配しないで!
ぴかぴか(新しい)

笑顔でみかりを安心させてくれたドライバー。超〜優しいんですけど。(泣)もうやだ〜(悲しい顔)
安心したらなんだか汗出てきた〜。(笑)その後は高級車のヒジあてで
まったり観光気分で帰って来たみかり達です。わーい(嬉しい顔)

      ゚+.(ノ*・ω・)ノ*.オォォ☆゚・:*☆

ドライバーさんの言葉通り・・・お値段は「40Dh」ジャストでした。
行きより全然道が混雑していたのにお値段はたいして変わらず・・・。ぴかぴか(新しい)
チップを入れても「45Dh」で帰れたのでまぁ〜良い経験が出来ました。わーい(嬉しい顔)

みかり達のようにドキドキな気分を味わいたくない人は・・・「白いタクシー」には
極力乗らない方が良いと思いますよ。今回はギリギリのお金しか持って
いなかったみかり達に問題があったんだけど・・・仕方がない事情があったので。あせあせ(飛び散る汗)
この話は・・・また後日する事になると思いますが。ふらふら

       (○´д`A)フキフキ  (○´д`A)フキフキ 

ドバイのタクシーは言葉も料金も不自由する事なく安心して乗れます!手(チョキ)
お値段も2,500円程度あれば街中どこでも移動出来るんじゃないのかな?
クーラーもしっかり効いているし音楽なんて掛けてくれる人もいるし
観光・買い物の足にはピッタリですね!どんどん利用してみて下さいね。ハートたち(複数ハート)


応援お願いします〜 ヾ(´∀`o)  banner_02.gif にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

posted by みかり at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ドバイ基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック